事業場における熱中症予防管理者(指導員)研修

 厚生労働省は、平成21年6月19日付け基発第0619001号通達及び平成28年2月29日付け基安発0229第1号通達の中で、事業者が熱中症予防のための労働衛生教育を行うことを求めています。
 夏場は業種を問わず、屋外の高温多湿な作業環境下で働く労働者を中心に熱中症が頻発しており、管理者による適切な作業管理が不可欠となっています。熱中症は、適切な処置を怠り、手遅れになると死に至る疾病です。
 中央支部では、作業を管理する方を対象にして下記により「職場における熱中症予防管理者(指導員)研修」を開催いたしますので、この機会に計画的に受講されますようお薦めいたします。

  厚生労働省の職場における熱中症予防サイトはコチラから

 *参考
 「熱中症予防管理者」という名称は法律で条文に定められている用語ではありません。平成29年3月24日厚生労働省より報道発表資料 新たに「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」実施要綱内に「熱中症予防管理者」という名称があります。
  (実施要綱より抜粋)
     カ)教育研修の実施
          省略
     キ)熱中症予防管理者の選任及び責任体制の確立
        作業を管理する者であって、上記カの教育研修を受けた者等熱中症について十分な知識を有する者のうちから、
        熱中症予防管理者を選任し、同管理者に対し(2)クの同管理者が行う業務について教育を行う。
申込対象者
 衛生管理者、店社スタッフ、施工管理者、職長等熱中症予防のための指導・教育を行う者

研修詳細
時 間:午後1時から午後5時まで
定 員:各回共60名
受講料:5,100円(テキスト・資料・税込)
内 容:熱中症の症状(0.5H)
    熱中症の予防方法(1.5H)
    緊急時の救急処置(0.25H)
    熱中症の事例(0.25H)
       (作業を管理する者向けの労働衛生教育別表1より
講 師:熱中症予防労働衛生教育インストラクター
使用テキスト:中央労働災害防止協会刊「熱中症を防ごう〜熱中症予防対策の基本」

研修受講修了者には修了証を交付いたします。


                                               (TOPへ)

                                             (講習別一覧へ)

事業場における熱中症予防管理者(指導員)研修


平成29年度日程

 今年度は終了しました
  


 ホーム 支部概要 講習・セミナー 貸しホール 書籍販売 パンフレット等 次世代 個人情報保護法 問合せ