">
雇入れ時の安全衛生教育とは
  新しい環境で、快適な職場生活を送るために基本となるものが、働く現場における日々の安全衛生です。生活の基盤となる職場で、ケガをしたり病気になるようなことがないよう、充実した毎日を過ごすために知っておかなければならない「安全衛生の基本」を教育いたします。
 人事や研修をご担当のみなさま、御社の新入社員研修の一環として、本講習をぜひご活用くださいますようご案内いたします。

<労働安全衛生法より>
●労働安全衛生法第59条から
  労働者を雇い入れたときは、当該労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、その従事する業務に関する安全又は衛 生のための教育を行わなければならない。前項の規定は、労働者の作業内容を変更したときについて準用する。
●労働安全衛生規則第35条(雇入れ時等の教育)から
  事業者は、労働者を雇い入れ、又は労働者の作業内容を変更したときは、当該労働者に対し、遅滞なく、次の事項のうち当該 労働者が従事する業務に関する安全又は衛生のため必要な事項について、教育を行わなければならない。ただし、令第2条第3号 に掲げる業種の事業場の労働者については一部教育を省略することができる。


対象者
 新入社員等

教育詳細
時 間:午後1時30分から午後5時まで
定 員:各回共50名
受講料:3,000円(テキスト・資料・税込)
テキスト:新入者安全衛生テキスト(中災防刊)
内 容:T)安全教育
       機械等の危険性及び取扱い方法・作業手順他
    U)労働衛生教育
       原材料等の有害性及び取扱い方法・メンタルヘルス他
講 師:労働安全コンサルタント 山本和義氏

  *教育修了者には所定の修了証を交付します。




                                               (TOPへ)

                                             (講習別一覧へ)

雇入れ時の安全衛生教育


平成29年度日程

 今年度は終了しました

      


 ホーム 支部概要 講習・セミナー 貸しホール 書籍販売 パンフレット等 次世代 個人情報保護法 問合せ