SAMPLE COMPANY

労働保険(年度更新)・社会保険(算定)年度手続講習

 健康保険及び厚生年金保険の被保険者については、毎年1回、7月1日現在の全ての被保険者に係る標準報酬月額を決定するために、「算定基礎届」の提出が必要です。また、労働保険料は、年度当初に概算で申告・納付し、翌年度の当初に確定申告の上精算することになっており、事業主は、前年度の確定保険料と当年度の概算保険料を併せて申告・納付する必要があります。当協会では、行政より担当官をお招きし、届け出、報告用紙の記入の仕方、注意点等について説明会を開催いたします。ご担当者の皆さんのお申込みをお待ちしております。

内容と講師
算定基礎届の記載について             
日本年金機構千代田年金事務所 担当者

労働保険の申告書作成について           中央労働基準監督署 担当官

労働保険の申告書作成について(建設事業)     中央労働基準監督署 担当官

講習詳細

時間:第1回 午後1時30分から午後4時30分まで
   第2回 午前9時30分から午後12時40分まで
定員:各回共80名
参加費:無料



公益社団法人東京労働基準協会連合会 中央労働基準協会支部 (法人番号:2011705001081)
〒102-0084 東京都千代田区二番町9-8 TEL 03-3263-5060 FAX 03-3263-6485
《Web Design:Template-Party》