酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習(建設労働者確保育成助成金対象)

 労働安全衛生法第14条の規定に基づき、密閉されたトンネルや下水道の工事など、作業員が酸素欠乏・硫化水素中毒に陥る危険性のある場所の作業において、作業方法を正しく決定したり換気装置の点検を行う等をするための技能講習です。酸素欠乏症等防止規則で、酸素欠乏症になる恐れがある事業所に作業主任者を置くことが定められています。

   *類似する教育 → 酸素欠乏危険作業特別教育
   ・建設労働者確保育成助成金とは?
   ・平成27年度酸欠・硫化水素中毒による労働災害発生状況 

対象者
 密閉されたトンネルや下水道の工事など、作業員が酸素欠乏・硫化水素中毒に陥る危険性のある場所で作業する者

受講資格

特になし(実務経験不要)
 *ただし業務につけるのは18歳以上となります

講習詳細

時間:各回共午前9時から午後5時
    法定時間の関係で、開始時刻が9時30分からになる場合があります。
    詳細は1週間前に送付される受講票及び時間割にて確認下さい。
定員:各回共40名
受講料:18,360円(税、テキスト代込)
    受講料:16,200円 テキスト代:2,160円
    (一部免除者受講料:12,960円 テキスト代:2,160円))
    使用テキスト:酸素欠乏危険作業主任者テキスト(中災防刊)
内容: (1)酸素欠乏症・硫化水素中毒及び救急そ生に関する知識
    (2)酸素欠乏及び硫化水素の発生の原因及び防止措置に関する知識
    (3)保護具に関する知識
    (4)関係法令
    (5)救急そ生の方法
    (6)酸素及び硫化水素の濃度の測定方法

免除について:
 日本赤十字社の行う救急法講習を修了して救急員認定書を受けた者、平成10年3月31日までに日本赤十字社の行った救急法一般講習Uを修了して合格証を受けた者及び平成6年12月31日までに日本赤十字社の行った救急法の講習を修了して救急員適任証を受けた者は、技能講習の講習科目のうち救急そ生の方法の受講の免除を受けることができます。
 厚生労働省告示「酸素欠乏危険作業主任者技能講習及び酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習規程」第六条に基づくものです。申し込み時にお申し出下さい。
 酸素欠乏危険作業主任者技能講習(旧第1種酸素欠乏危険作業主任者技能講習)を取得されている方のための特例講習については開催しておりません。ご了承ください。

その他:講習最終日に修了試験を実施し、合格者には修了証を交付します。



                                               (TOPへ)

                                             (講習別一覧へ)

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習


日程

  申込書
   


 ホーム 協会案内 講習・セミナー 貸しホール 書籍販売 パンフレット等 次世代 個人情報保護法 問合せ