">

リスクアセスメント担当者研修

 労働安全衛生法では、28条の2にリスクアセスメントの規定が設けられ、建設物、設備、原材料、作業行動などの危険性又は有害性の調査と低減対策の実施が義務づけられています。また、平成25年4月からスタートした第12次労働災害防止計画でも、重点対策にリスクアセスメントの普及が掲げられ、そのための担当者の養成・促進を企業に求めています。ついては、リスクアセスメント実施担当者の養成研修を実施しますので、奮ってご参加されるようご案内します。

実施対象業種
 建設業、運送業、清掃業、製造業、電気業、ガス業、熱供給業、水道業、通信業、各種商品卸売業、各種商品小売業、旅館業、ゴルフ場業、自動車整備業、機械修理業、燃料小売業、家具・建具・じゅう器等卸売業、同小売業、林業、鉱業

教育詳細
時 間:午後9時30分から午後5時まで
定 員:50名
受講料:10,200円(テキスト・資料・税込)
テキスト:厚生労働省指針に対応した労働安全衛生マネジメントシステム リスクアセスメント担当者の実務(中災防刊)
内 容:T)リスクアセスメントの目的・意義、手順、手法、リスク低減対策等
    U)小グループによるリスクアセスメント模擬演習等
講 師:労働安全コンサルタント 山口忠重 氏

      
        研修終了時に修了証を交付します。


テキストは当日配布いたしますが、事前に学習されたい方は以下のパンフレットをお読みいただくことをお勧めします。
    → パンフレットのダウンロードはコチラから




                                               (TOPへ)

                                             (講習別一覧へ)

リスクアセスメント担当者研修


平成29年度日程

  申込書


 ホーム 支部概要 講習・セミナー 貸しホール 書籍販売 パンフレット等 次世代 個人情報保護法 問合せ