中央安全推進大会(全国安全週間説明会)

日 程:平成29年6月12日(月)
時 間:午後1時30分〜午後4時30分まで
場 所:文京シビックセンター文京シビックホール小ホール
         東京都文京区春日1-16-21 TEL03-5803-1100  →アクセス
参加費:無料


   以下は昨年度の詳細です
   平成28年度全国安全週間実施要綱(PDF:286KB)

 内 容:T)主催者挨拶
     U)全国安全週間実施要綱
     V)事例発表
        管内事業場による安全衛生活動事例
     W)特別講演 
       「ヒューマンエラー対策」
         独立行政法人労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所 リスク管理研究センター長
                               高木元也氏

 大会の様子
    

    
  
  
平成28年全国安全週間(7月1日〜7月7日)

 厚生労働省では7月1日から7日まで「全国安全週間」を実施します。

〈平成28年度「全国安全週間」スローガン〉
  見えますか? あなたのまわりの 見えない危険 みんなで見つける 安全管理」
    

今年で89回目となる全国安全週間は、労働災害を防止するための産業界での自主的な活動を推進するとともに、職場での安全に対する意識を高め、安全を維持する活動の定着を目的としています。労働災害は長期的に減少し、平成27年は初めて年間の死亡者数が1,000人を下回りました。一方、休業災害を含む労働災害全体では、十分な減少傾向にあるとは言えません。特に、近年の産業構造の変化に伴って拡大を続ける第三次産業などでは、職場の安全に関して自ら取り組む意識が十分であるとは言えず、労働災害が増加傾向にあります。また、経験が浅い労働者は職場に潜む危険を察知できないことが懸念されています。 このような背景を踏まえて今年度のスローガンでは、安全な職場環境を形成するために、同じ職場にいる労働者全員で早期に危険要因を発見・改善・見える化し、事故の発生を未然に防ぐことを呼びかけています。厚生労働省では、7月1日(金)から7日(木)までを「全国安全週間」、6月1日(水)から30日(木)までを準備期間として、各職場で巡視やスローガンの掲示、労働安全に関する講習会の開催など、さまざまな取組を行っていきます。


〈資料〉  
  平成28年度全国安全週間実施要綱(PDF:168KB)
  平成28年度全国安全週間(中央労働災害防止協会)



中央健康推進大会(全国労働衛生週間説明会)

日 程:平成29年9月11日(月)
時 間:午後1時30分から午後4時30分まで
場 所:文京シビックセンター文京シビックホール小ホール
         東京都文京区春日1-16-21 TEL03-5803-1100  →アクセス
参加費:無料



         以下昨年度の詳細です。

内 容:≪第一部≫ 
     T)主催挨拶    中央労働基準監督署長
               公益社団法人東京労働基準協会連合会 中央労働基準協会支部長
     U)表彰式     中央労働基準監督署表彰
    ≪第二部≫ 講演等
     T)全国労働衛生週間実施要綱説明   中央労働基準監督署 担当官
     U)事例発表
        建設現場の労働衛生面での取組事例について
           株式会社竹中工務店 東京本店 安全環境部 安全グループ 課長 黒田敏浩氏         
     V)特別講演   
        「化学物質のリスクアセスメント」について
           独立行政法人労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所
           リスク管理研究センター  島田行恭氏
        

  併せて中央労働災害防止協会の全国労働衛生週間用品の販売を斡旋しております。
    →中央労働災害防止協会用品カタログはコチラから
    →申込書はコチラから

平成28年度全国労働衛生週間(10月1日〜10月7日)

 厚生労働省では10月1日から一週間、「全国労働衛生週間」を実施します。

〈平成28年度「全国労働衛生週間」スローガン〉
   「健康職場 つくる まもるは みんなが主役」

 全国労働衛生週間は、労働者の健康管理や職場環境の改善など、労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保することなどを目的に昭和25年から毎年実施しているもので、今年で67回目になります。毎年10月1日から7日までを本週間、9月1日から30日までを準備期間とし、各職場で職場巡視やスローガン掲示、労働衛生に関する講習会・見学会の開催など、さまざまな取組みを展開します。
 労働衛生分野では職場におけるメンタルヘルス不調や過重労働、化学物質を原因とする健康障害などが重要な課題となっています。このような状況を踏まえて、平成27年12月にはストレスチェック制度が施行されるなど、改正労働安全衛生法では、化学物質の適切な管理や受動喫煙防止対策などを推進し、業務上疾病の発生を未然に防止するための仕組みを充実させることとしています。
 今年度のスローガンは、これらの課題に対して、労働者自身や管理監督者、産業保健スタッフが一丸となって健康管理を進め、労働者の健康が確保された職場の実現を目指すことを表しています。




大会の様子




                                       (TOPへ)
                                       (講習別一覧へ)



大会等


平成29年度日程 

  


 ホーム 支部概要 講習・セミナー 貸しホール 書籍販売 パンフレット等 次世代 個人情報保護法 問合せ