労働基準法等実務講座

 今日ほど労働関係問題が報道されることは、かつてないことです。これは、労働問題に対する社会の関心、注目が高い証拠ではないかと考えられます。
そのように背景を受けて、今回は、労働基準法を中心としながら、同法の解釈例規や民事労働関係裁判例などを多数取り込んだ講習会としました。具体的には、労働基準法の実務に関連する主要規定に労働契約法などを結合させ、33項目の実務講座としました。そして、その中には、個人情報保護法や公益通報者保護法に関連する人事労務の実務に重要なテーマも入れて、さらに、最近の裁判例の中から、@定年後再雇用の賃金減額の可否(地裁・高裁で異なる判断)、A定額割増賃金(固定残業代)の違法性(年俸制の場合)、B「歓送迎会も業務」最高裁初の判断労災補償に加え、C労働基準監督官の労働相談30問への対応など、実務に有益な講習内容としました。
講師は実務に精通した元労働基準監督署長で、事例を踏まえながら、わかりやすく解説しますので、会社のご担当者の方等、是非この機会に受講されることをお勧めします。


講習詳細

日 程:第1回 平成29年11月7日(火)
    第2回 平成29年12月8日(金)
時 間:各回とも 午後1時30分から午後4時30分まで
場 所:中労基協ビル4階ホール(東京都千代田区二番町9-8)
定 員:60名
参加費:全2回一括(1回目のみの申込み、2回目のみの申込みは、原則できません。) 
会 員 2,000円(税、資料代含む)
非会員 4,000円(税、資料代含む)
講 師:元労働基準監督署長 元労働紛争調整委員会委員 中村孝雄 氏




                                               (TOPへ)

                                             (講習別一覧へ)

労働基準法実務講座


平成29年度日程

 申込書

  


 ホーム 支部概要 講習・セミナー 貸しホール 書籍販売 パンフレット等 次世代 個人情報保護法 問合せ