SAMPLE COMPANY

総括安全衛生管理者講習

総括安全衛生管理者とは(以下東京労働局HPより
 労働安全衛生法第10条では、一定の規模以上の事業場について、事業を実質的に統括管理する者を「総括安全衛生管理者」として選任し、その者に安全管理者、衛生管理者を指揮させるとともに、労働者の危険または健康障害を防止するための措置等の業務を統括管理させることとなっています。

〇総括安全衛生管理者の選任
 総括安全衛生管理者を選任しなければならない事業場は、次のとおりです。
業    種 事業場の規模(常時使用する労働者数)
林業、鉱業、建設業、運送業、清掃業 100人以上
製造業(物の加工業を含む。)、電気業、ガス業、熱供給業、水道業、通信業、各種商品卸売業、家具・建具・じゅう器等卸売業、各種商品小売業、家具・建具・じゅう器等小売業、燃料小売業、旅館業、ゴルフ場業、自動車整備業及び機械修理業 300人以上
その他の業種 1,000人以上

〇選任すべき者の資格要件
 当該事業場において、その事業の実施を実質的統括管理する権限及び責任を有する者(工場長など)

〇総括安全衛生責任者の職務
 安全管理者、衛生管理者などに指揮するとともに、次の業務を統括管理することとされています。
労働者の危険または健康障害を防止するための措置に関すること
労働者の安全または衛生のための教育の実施に関すること
健康診断の実施その他健康の保持増進のための措置に関すること
労働災害の原因の調査及び再発防止対策に関すること
その他労働災害を防止するため必要な業務

(ア) 安全衛生に関する方針の表明に関すること。
(イ) 危険性又は有害性等に調査及びその結果に基づき講ずる措置に関すること。
(ウ) 安全衛生計画の作成、実施、評価及び改善に関すること。

申込対象者
  総括安全衛生管理者・同選任予定者

講習詳細
時 間:午前10時から午後5時まで
定 員:80名
受講料:10,200円(資料・税10%込)
内 容:総括安全衛生管理者の役割と職務の効果的進め方
    労働安全衛生マネジメントシステムとリスクアセスメント
    事例とグループ討議
    労働災害防止計画と企業取組
    災害事例にみる企業の責任と裁判事例
講 師:労働安全コンサルタント(元労働基準局長) 山本和義氏
    特定社会保険労務士(元労働基準監督署長) 森井博子氏

講習受講修了者には修了証を交付いたします。

公益社団法人東京労働基準協会連合会 中央労働基準協会支部 (法人番号:2011705001081)
〒102-0084 東京都千代田区二番町9-8 TEL 03-3263-5060 FAX 03-3263-6485